やまゆり利用に関するガイドライン

麻生市民交流館やまゆりの利用ガイドライン(10月19日以降適用)

1.来場者は会館内で大声での歓声、声援等を発したり、歌唱したりすることはできません。
2.利用者全員がマスクを必ず着用し、手洗い・手指消毒を行い、咳エチケットを守ってください。
3.利用代表者は活動に参加する方々の健康状態及び連絡先を記載した名簿を作成してください。後日、保健所等の公的機関が感染症対策の一環として聞き取り調査を行う場合がありますので協力してください。
4.密閉回避の目的で、定期的(毎時10分程度を目安とする)に二方向以上の窓、ドアを開け、換気を行ってください。
5.密集回避の目的で、共用部分では対人距離の確保(最低1m、できれば2mを目安)してください。特に、机や椅子を片付けてのフロア利用時や活動終了後の退館時に密集が起こりがちなので注意をしてください。
6.密接回避の目的で、館内における互いに手を伸ばしたら届く距離での会話や発声を避けてください。
7.下記症状に該当される方の来館はご遠慮いただきます。
(1)来館前に検温を行い、37.5度以上の発熱があった場合(または平熱比1度超過)。なお、来館前に検温されていない方は事務室備え付けの非接触型体温計で検温を行っていただきます。
(2)息苦しさ(呼吸困難)・強いだるさや軽度であっても咳・咽頭痛などの症状がある場合
(3)過去2週間以内に感染が拡大している国・地域への訪問歴がある場合
8.利用者の活動に関係する団体がガイドラインを定めている場合には、それを遵守のうえ利用してください。
9.日中にサロンを利用される方、用事で事務室に来館された方は、受付カウンターに備え付けの「サロン利用・来館確認書」に必要事項を記載の上、提出ください。必要に応じ保健所等公的機関に情報の提供をいたします。
10.飲食は、水分補給の場合を除き、遠慮願います。
11.利用前後で、消毒液とペーパータオルを利用し、机、椅子、ドアノブ、各種スイッチ、貸出備品(これのみ使用後)等を消毒してください。
12.上記1.~11.の各項を遵守することを前提に以下の通り定員の緩和を実施しますただしイベント開催の場合には従来同様必ず「やまゆりテック」と事前相談することを必要とします。「やまゆりテック」からイベント内容に合わせ感染症対策の一環として提案が出された場合には、遵守をお願いします。
(1)サロンの定員は、演者・スタッフ・来場者すべてを含み現行30名⇒40名とします。ただし予約を必要としないフリータイムでの利用は、配置座席数(現行8⇒16)を定員とし利用時間は1時間までとします。(予約利用時間帯のサロンの座席配置の目安は6席×6列です)
(2)A会議室の定員は現行9名⇒12名とします。(会議室の座席配置は一机二席です)
(3)B会議室の定員は現行15名⇒20名とします。(同上)
(4)A/B会議室連結利用の場合の定員:現行27名⇒36名とします。(同上)
13.貸出備品の制約を緩和します。ただしスリッパとカラオケセットについては当分の間貸出を見合わせます。
(1)ピアノ、電子ピアノの貸出を再開しています。使用前後に十分手指の消毒を行ってください。
(2)新たにワイヤレスマイクの貸出を再開します使用後の消毒は、マイクを保管するケースに収めてある説明書に従ってください。使い捨てマイクカバーを利用した際は、安全にカバーを外し備え付けのゴミ袋に廃棄してください。
14.当施設が比較的狭いという実情から、感染症対策がとり難い合唱等の活動については、年内一杯ご利用を遠慮ください。また、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては上記緩和策を変更する場合があります。麻生市民交流館やまゆりのホームページ等で通知しますのでご留意ください。
(2020.10.19施行)

以上