「やまゆり」でイベントを開催する場合のお願い

「やまゆり」でイベントを主催される方は下記事項を遵守して開催をお願いします。
添付の「イベント開催計画書」「感染防止対策確認書」に必要事項を記入の上、提出をお願いします。
**********************************************************
「やまゆり」でイベントを開催する場合のお願い
                    麻生市民交流館やまゆり
                    やまゆりテック

◆ 「市民交流館やまゆり」の利用者は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止について最大限の注意を払っていただきたいと思います。
  また「やまゆり」では、当分の間、イベントの開催に際し、下記の感染防止対策を採るよう主催者並びに来場者にお願いいたします。
  ご利用に際しての基本事項は、お手数ですが、「やまゆり」のホームページ、又は館内掲示でご確認下さい。

◆ ご利用いただける入館者数の制限について
  “あらゆる場面でソーシャルディスタンスを必ず取れるようにすること”且つ、入室定員が明示されている場合は、最大でも定員の50%以内が、政府・神奈川県が定める基本的な条件になっています。
  当館の観客・出演者・開催スタッフを合わせた入室可能者は、最大でも下記のとおりとなります。
   A会議室  ・・・・・・・ 定員18名 ⇒ 入室可能者数 9名以下
   B会議室  ・・・・・・・   30名   入室可能者数 15名以下
   AB会議室連結使用 ・・・   54名   入室可能者数 27名以下
   サロン   ・・・・・・    60名   入室可能者数 30名以下
  ただしイベントの場合は、AB会議室連結使用の場合、入室可能者数を20名以下(観客、出演者、開催スタッフ)に、サロンの場合は25名以下(同)にすることを利用の目安とします。

◆ 入館に際しての注意事項
 ➢ 次に掲げる項目に該当される方は、入館できません。来場を自粛願います。
   ・ 37.5℃以上の熱がある場合
   ・ 咳・喉の痛みなどの風邪に似た症状が明らかな場合
   ・ 強い倦怠感や息苦しさがある場合
   ・ 臭覚や味覚の異常(鈍化)を感じている場合
   ・ 過去14日間以内に、政府から、入国制限及び入国後の観察期間を必要とされる国や地域等からの帰国者又は当該在住者との濃厚接触がある場合
 ➢ 来場者の事前予約をとってください。予約のない来場者は当面入館できません。
 ➢ 観客同士の会話はできるだけ控えるよう、主催者から要請してください。
 ➢ 原則として、入館者全員が常時マスクを着用して下さい。
 ➢ 「スリッパ」は、感染防止のため利用を中止しています。開催関係スタッフ・観客を含めて各自持参して下さい。主催者側での指導の徹底をお願いします。持参されたスリッパの消毒剤はやまゆりでも常備しています。
 ➢ 入館時には、主催者が受付を設置し、演者、スタッフ、観客全ての来館者の検温をお願いします。非接触型体温計はやまゆりに常備していますでご利用ください。
 ➢ 受付では、特に来場者の密接回避に注意してください。受付用の小型の透明アクリルボードを用意しています。
 ➢ 入館者は、入館時、全員手指消毒の徹底をお願いします。

◆ 入館者全員の名簿・連絡先の掌握をお願いします。
 ➢ 利用団体代表は、参加者全員の健康状態及び連絡先を掌握いただき、必要に応じ保健所等による聞き取りや情報提供にご協力をお願いします。

◆ 音響・照明等の機材貸出
 ➢ マイク&スピーカー及びプロジェクター等機材の貸出、及び音響装置•照明装置•簡易舞台の貸出は当面中止していますが、やまゆりテックとの協議を通じて機材の消毒可否を検討しつつ、一部の機材を貸し出すことがあります。
 ➢ 上記貸出の可否に拘わらず、原則的に必要な資機材は主催者側でご用意いただき、設営していただくのが基本となります。主催者側の用意した資機材を利用するのであれ、やまゆりの資機材を利用するのであれ、予め「やまゆりテック」担当者との打ち合わせをお願いします。感染防止対策についての検討も同時に行います。

◆ 進行表
  進行表(イベント等開催仕様書)をお出しください。進行表には換気の予定を入れて下さい。
  
◆ 会場全体のレイアウト図の提出をお願いします。
  出演者と観客のソーシャルディスタンスを配慮した配置、3密を防ぐための方法と手段を工夫してください。

◆ ステージ出演者
  出演者の唾液飛沫拡散防止措置を必ず行って下さい。演者と観客との間を十分に空ける、演者と観客の間にアクリル板を設置するなど、その方法をあらかじめ提示して下さい(必須)


※注意が必要なのは、①歌を歌う、②大声を出す、③討論する-といった行為。これらは普通の会話と違い強い呼吸を伴うため、ウイルスが増殖する部位の肺胞などからウイルス濃度の高い飛沫が大量に出やすいと考えられます。その結果、密閉空間を感染者を含む多人数で共有すれば、患者集団(クラスター)が発生するリスクが高まります。

◆ 前記の理由により、観客・参加者を含めた歌唱や合唱、掛け声や発声はやめて下さい。入館者には事前に注意をお願いいたします。

◆ イベント内容が器楽演奏を含む場合は最新の「クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」(クラシック音楽公演運営推進協議会策定)に、また歌唱・合唱を含む場合は最新の「合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン」(一般社団法人全日本合唱連盟策定)に準じた対策講じていただきます。(やまゆり事務所で閲覧可能です)

◆ 利用者は、終了後、机・椅子・ドアの取手・機材など、使用したものに対して消毒を行って下さい。(消毒液・使い捨て手袋は「やまゆり」で用意しています。)

◆ リハーサル
  感染防止対策は、上記各項に同じです。

◆ 入場料金の受領や検温・問診を含む受付業務は、主催者側で対応をお願いします。

◆ イベント会場でのチラシ等の手渡し配布、物品販売は感染拡大防止の観点からご遠慮ください。

  ※やまゆりでは、消毒液は手指用エターノール系消毒剤及び物品用次亜塩素酸水が使用できます。
   
 2020.7.2 改定
 2020.7.14 改定

【イベント開催計画書】
   

Download (PDF)


【感染防止対策確認書】
   

Download (PDF)